« 幻の木材、ユーラシアンチーク | トップページ | 施工工務店「建築工房わたなべ」を紹介 »

イナズマ階段

Fb630j


階段がリビングの南の一番良いところに鎮座している。かなり迷ったところだが、導線と階段部の吹き抜けを利用した太陽光の入りを優先した。リビングに吹き抜けができればそれに越したことはないが、最初から25坪の家(実際は26坪になった)を考えていたので、吹き抜けは作らないことを決めていた。それなので、階段が太陽光を遮らない造りを最優先し、階段下も危なくないデザインにした。

一般にイナズマ階段っていうと、段板の下にササラ桁が来て、段板の縁を見せるデザインだ。それだとササラ桁が階段下にきて邪魔だし、太陽光を遮る影ができる。ササラ桁は段板の側面に来て支える構造とした。よりギザギザのイナズマが強調された。角は全て15Rで丸面をとって流れるデザインを意識している。

段板は前述のアトムカンパニーの社長の提案で、タモ集成の幅広を3枚つなぎ合わせた板を製作して、まるで無垢板のように見える。

細かい配慮だが、私は階段にナカ工業のステンレス滑り止めをつけることにしている。このメーカーがデザインを損なわず、シンプルで機能的なので使っている。3ミリの厚み分段板を削って同面で収める。今回も大工が泣いていたが、ここは譲れないところだ。よく溝で済ませている階段があるが、木は滑るからデザイン以上に重要な点です。

この住宅の完成見学会を開きます。

■開催日 :7月6日(土)7日(日)AM 10:00~PM4:30
■場 所 :富士市今泉地区
以下から連絡いただければ、私「中澤」がご案内いたします。
http://www.artdinner.com/design/formsodan.htm

また施工した「建築工房わたなべ」でも予約を受け付けていますので、こちらもご利用ください。
http://www.kentiku-koubou.co.jp/ev13.7.html

|

« 幻の木材、ユーラシアンチーク | トップページ | 施工工務店「建築工房わたなべ」を紹介 »

見学会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イナズマ階段:

« 幻の木材、ユーラシアンチーク | トップページ | 施工工務店「建築工房わたなべ」を紹介 »