住まい・インテリア

住宅部会作品展開催中

JIA住宅部会主催の模型作品展「いえ・イエ・家」展を10月24日~31日までINAX GINZAで開催中です。詳細はこちら

Jia102709a

Jia102709b

Jia102709c

アーキテクツガーデン2009の参加プログラムともなっています。
個々の作品を展示するというより、街並みを形成し、個性あふれる模型を群像のように配置しています。またパネルも外観写真を連続して魅せる手法で新鮮味あふれる作品展となっています。

私は50分の1サイズと100分の1サイズの2点を出しています。外観写真はA1サイズで結構迫力あります。ちなみにチラシのデザインを担当しました。

Jiainaxmoa

Jiainaxmob

Jiainaxmoc

|

番外編8(JIA建築家模型展)

Blg10267f

先週は日本建築家協会「建築家大会2007東京 20周年記念大会」
があり、セミナー出席や建築ツアーなどに参加しました。

その一環としての 建築家模型展が東京駅丸の内の丸ビル
3階回廊ギャラリーでありました。

2007年10月17日(水)~10月20日(土)
会場/丸ビル3階回廊ギャラリー
主催:(社)日本建築家協会

丸ビルの店舗が終わってからの搬出搬入だったので、
前日の午後9時現地集合で、業者のパネル設営を待ってから
模型とパネルの展示など、終電ぎりぎりまでの準備と
なりました。

日本建築家協会は通称JIAといいます。
20周年記念というと新しい団体と思われますが、
前身は1886年に生まれた造家学会から始まる、歴史のある
団体です。日本における建築家による唯一の協会です。

私は最初の午前中にお留守番をしました。
関係者が多かったのですが、最終日の土曜日はかなりの
一般客が訪れたようで、最終的にはのべ900人弱の
人が訪れたようです。3日間という短い期間にもかかわらず、
さすが丸ビルの集客力です。

強行スケジュールの中、皆さんがんばった甲斐がありましたね。

Blg10267b
Blg10267c
Blg10267e
Blg10267g

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築家の自邸VOL 82(パティオにウッドチップを敷く)

Blg10167a

玄関前パティオにデッキは完成したけど、ひとつ悩んでいる
ことがあった。それは「落ち葉」である。

デッキ以外のところは土がむき出し状態だったので、
(将来的に植栽をしようと考えている)
泥の跳ね上げ防止に、砂利を敷くつもりだったが、
砂利の上に落ちた「落ち葉」を拾うのが容易でない事が判明。

「さるすべり」は葉っぱが小さく、四六時中落ちてきて、
拾い集めるのはやめにした。
ポーチとデッキ上を掃き掃除するだけでも大変だから。

母が、ウッドチップをもらってきて敷こうと言い出した。
富士市の処理場の隣りに、ウッドチップが山になっていて、
お百姓さん辺りが、肥料にするためにもらいに行っているそうだ。

ずた袋を用意して、母ともらいに行ったら、ちょっと様子が
違った。ウッドチップに枯葉や枯れ枝も混ざった、
腐葉土のような山だった。

時期や行ったときの状態で、違うようだ。
比較的新しい、ウッドチップ+枯れ枝を袋に詰め、
車の後部座席に詰めるだけつめて、もらってきた。

敷き詰めてみると、あら不思議!
まるで、山の中を歩いているような雰囲気になった。
森林浴のようなにおいもしてくる。

「さるすべり」の落ち葉は、ウッドチップの中では、
何も気にならなくなった。

ワンシーズン過ぎれば、腐葉土になるだろう。
そしたら、畑の肥料に使って、新しいのを
またもらってくればいい。ただなんだから。
軽いので、つめるのも運搬も苦にならない。

何よりも自然な雰囲気がこれほどするとは、思いも
かけないことであった。
夏に、夕暮れ時、デッキにイス出してビール飲むと
まるで、山の中にいる気分で気持ちがいいだろうな。

家でのパーティーに、ウエルカムドリンクの場所として、
これは使えると確信しました。
と、早速、風呂上りにパティオでビールを飲んでみました。

Blg10167b
Blg10167c
Blg10167d

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

建築家の自邸VOL 81(パティオのデッキ完成)

Blg10037a

先日、パティオのデッキ部分が完成したので、
様子を見に行ってきた。

今回のデザインは、ある程度、望月庭園の「もち」に任せた。
彼は若いので、植木職人としてだけでなく、造園のデザイン
も信頼できる。植栽されて、予想以上にいい出来だった。

新しいデッキ材の開発と調査という使命もあるので、
今回は、パティオ内の平らなところは、一般的な
デッキの組み方で、地盤面から15cm上げた。
Rのコンクリート壁の際をあけて、黒石を敷き詰める。

Blg10037g

道路との高低差がある部分は、緩やかな(一段10cm)
階段状にして、ゆっくりと上っていけるようにした。
この階段部分は、木レンガを敷き詰める要領で、
デッキ材をレンガ寸法に切って、収まりやすくした。

Blg10037b

Blg10037c

同じ材料を2種類の方法で使用してみて、耐久性や
そりの問題など、木の特質を見極めていく次第です。

あとは、照明の演出をどうするかだけど、
ゆっくり取り組んでいこうと思う。

さて、実家に帰ると毎回行なう作業がある。
それは、2階のバルコニーから、風呂のトップライトの
ガラスとアルミの玄関庇の上を掃除することです。

伸縮できるガラス葺き道具を購入し、バルコニーから
乗りだして、掃除をする。
母には危ないので、私がやることにしている。

Blg10037d

サルスベリは年がら年中、花や葉っぱが落ちて、あくが出る。
2週間もすると汚れてしまうので、帰るたびに行なう必要がある。
それも花の咲く7月から落ち葉の11月くらいまでだけど、
ほおって置くと、汚れすぎて落ちなくなる。

サルスベリは葉っぱが小さいので、予想以上に手間をかからせ
られそうだ。自然相手では、ある程度の手間を覚悟しないと
いけないと実感している。
それでも得られる喜びは大きいということだろうね。

こうして掃除をして、バルコニーから道側に乗り出して下を
見てみたら、いい感じでアプローチが見えた。
Rのコンクリート壁が上から見ると、ちゃんとRになっていて、
(垂直だとそれほどRに感じない)よし!ってかんじ。

Blg10037e

Blg10037f

図面や模型で考慮しても、こうしたアングルからの姿は
想像できないもので、新しいものを発見したような
うれしい気持ちになった。

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家の自邸VOL 80(イナックス銀座ショールーム展覧会のお知らせ)

Blg09247a

平成19年9月22日(土)~10月6日(土)まで
『建築家と考えたこだわりの住まい展』を
(社)日本建築家協会 関東甲信越支部 住宅部会主催で
パネルと模型の展示をしています。

私も住宅部会員として、本建物の模型を展示しています。

銀座にお越しのさいは、寄ってみてください。
総勢約40人50点の建築作品が紹介されています。

会期中、セミナーやアーキカフェ(建築家と交流対話)など
イベントもあります。

(INAXホームページより抜粋)

『建築家と考えたこだわりの住まい展』

建主の要望や敷地条件は家一軒一軒異なります。変形地や狭小地
を活かす、街並みとの調和、環境配慮などの6つのテーマごとに、
建築家が取り組んだ住まいの実例を写真や模型でご紹介します。
住まいづくりをご検討中の方、これから計画される方にぜひご覧
いただきたい作品展です。

平成19年9月22日(土)~10月6日(土)
 ※9月23日(日)・24日(月)・30日(日)は休館 
10:00a.m.~6:00p.m.

INAX:GINZA 7階 クリエィティブスペース
http://inaxginza.info/event/index.html

変形地や狭小地を活かす、街並みとの調和、環境配慮などの6
つのテーマごとに、建築家が取り組んだ住まいの実例を写真や
模型でご紹介。

詳細はこちらで見られます。
http://inaxginza.info/event/sumai_tac.html

写真は設営準備の様子です。

Blg09247b

Blg09247c

Blg09247d

Blg09247e

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

建築家の自邸VOL 79(パティオのデッキ工事始まる)

Blg09197c

「玄関から始まる新しい家づくり」と題して
トステム設計コンテストで賞を頂いたことは、以前話したが、
その玄関の姿の撮影を依頼されている。

建築家の自邸VOL 73 
(第1回トステム設計コンテスト受賞)編


その画をどのように使われるのか、まだはっきりしないが、
賞をもらうことになった玄関前のパテイオを
気合入れて整備しなければならない。
プレッシャーが襲ってきた。

問題は予算がないことである。
すっかりもう使い果たしてしまった。

まともな予算はないが、望月庭園の「もち」に相談して、
最低限のことはしなければならないと、無理を承知で
協力をお願いした。
パティオまでのアプローチも砂利のままでは、
おばあさんが歩けない。

Blg09197e

そんな折、強力な助っ人が現れた。
富士宮に本社のある会社で、新しいデッキ材を開発中。
世に出るための試作になる現場を探していた。
商品開発に協力してもらえますかと、渡りに船がやってきた。

詳細はまだ説明できないが、簡単に言うと
木板(無垢材)をふやかして圧縮し、腐らない強い
材料を作る。今のところ用途はデッキ材。

注目すべきは、圧縮時に金型を使うことで、
表面に凹凸模様をつけることができる。
これがデザインとなり、オリジナルも可能。

実を言うとこの会社、異業種で、金型を作る
特殊な会社なんだそうです。

この表面のデザインは、滑り止めの効果があり、
溝引きの単純なデッキ材にはない、モダンを演出できる。

今回の玄関アプローチは、滑らないことが絶対条件。

一般のリビング前のデッキのように、雨が降ってすべる時は、
表に出なければいい、なんてことはできないので、
実に有効なアイデアだと思った。

本邦初公開の材料なので、製作者とも相談しながら、
今後、詳しく紹介していきたいと思う。

写真は八割がた終わった状態です。

Blg09197a

Blg09197b

Blg09197d

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編7(2世帯住宅M邸の外観)

M邸の敷地は入り組んだところで、細長い私道の先にある
いわゆる旗竿敷地。

周りも建物が密接していて、外観が撮れる場所がなかった。
全体が写るひきのある場所がない。
建物外周が遠めに見えるということがなく、
それが中庭をメインにしたコンセプト提案の理由にもなった。
詳細はこちらで説明しています。
新しいスタイルの2世帯住宅(スープの冷めない距離)

見えないから手を抜いたということはないのだけれど、
手をかけても見えないのは、ちょっとさびしいところもある。

もっぱら外観といえば、中庭周りか入口付近のみしか、
写真に納まらなかった。

ところが、それが最近一変したのである。
というのは、南側の隣地が荒地のようになっていたのだが、
整備されて土地が売られたのか、きれいな建物が建った。

Blg09057e 

今まで裏側と思われていた南面がよく見えるようになった。
南面にしゃれた建物ができて、ギャラリーかと思ったら、
美容院だった。

お施主さんの話だと、北側になるM邸の陽射しをさえぎらない
ように配慮してくれたという。
重なったあたりは平屋の陸屋根となっている。
お隣さんの施主と設計者には感謝したい。

Blg09057f

インターネットで調べたら、沼津に本社のある工務店の
設計施工のようだ。

あまり注目されなかった南面であったが、お隣の美しい建物
により、引き立つようになった気がする。
違う設計士によるコラボって感じの新しい一面を見た思いだ。

Blg09057d

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編6(2世帯住宅M邸のひめしゃら)

Blg09057a

過去のお施主さんから、実家の新築祝いを頂いていたので、
母と御礼に行ってきた。

いつも、お正月に挨拶に行くので、中庭のひめしゃらが
新緑の状態をあまりみたことがなかった。

久しぶりに冬以外の季節に行って、葉をたくさんつけて大きく
なっているのに遭遇した。2階屋根の上まで伸びている。
幹が鮮やかないい色をしている。
竣工は1999年だから、8年が過ぎた。

Blg09057g

Blg09057b

このお宅は、2世帯住宅で、中庭に向かい合ってそれぞれの
世帯が住んでいる。その中庭は、グレーチングの床でできていて、
南北にも、上下にも風が通るように意識した。

詳細はホームページで説明していますので、
興味ある人は見てください。
新しいスタイルの2世帯住宅(スープの冷めない距離)

母が大きな木は、葉っぱが毎日落ちて、掃除が大変だと愚痴ると、
ひめしゃらも花の咲く春や葉の落ちる秋は、毎日落ちて大変よ、
と慰めていた。Mさんは母の友人。

手のかかる子ほどかわいいという心境か・・

Blg09057c

入口には、菊の鉢が大量にある。敷地をぐるっと囲うように
所狭しとおいてある。ざっと300くらいあるんじゃない
だろうか。こちらのご主人は趣味が多彩で、
秋には菊の大輪を咲かせるのを趣味としている。
一本一本が違うというので、並大抵のこだわりじゃできない。
でも、出展は嫌いだから、あくまでも趣味を楽しんでいるという。

美しい菊をみせてもらうたびに、コンテストに出せばいいのに
と思うのだが。

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家の自邸VOL 78(この夏の猛暑をエアコンなしで過ごす)

Blg08237a

今年は大変な猛暑だ。普通の夏より5度は高いだろう。
テレビでは、熱中症にかからないように、無理しないで、
エアコンを使いましょうと言っている。

ところで、実家のリビングダイニングには
エアコンがついていない。
唯一、寝室にだけ旧家から移設した8畳用がついている。
最悪の場合は、そこに逃げ込むことになっている。
92歳の祖母には、暑くてたまらなかったら、
「寝室のベットで寝ていなよ」と言っている。

寝室は南側の窓の外に、サルスベリの大木があるので、
直射日光をさえぎり、涼しい風も入る。

Blg08237f_2

エアコンは、各部屋に設置できるように、スペースと電源
を用意したが、私も親もエアコン嫌いで、なるべく使わない家
を目指した。
風通しには自信があり、ひと夏つけないで様子を見ようと
思った矢先の、この猛暑である。

お盆の前後に、数日泊まってエアコンなしの猛暑を経験した。

2階は日中、暑くて居られないが、1階は予想以上に涼しい。
涼しいというのは大げさだが、我慢できない暑さではない。
それは風通しと床暖用モルタル下地の床が、冷たいおかげだろう。
タイルの床は、予想以上の暑さ対策になると実感した。

夕方からは海風が入るので、気持ちのいい風が入る。
これほどの猛暑でも何とかなっている。通常の夏ならまったく
いらないだろう。(母は来年入れてくれと言っているが)

来年は、建築工房わたなべ社長のブログ「住宅屋の気持ち
に書かれている緑のカーテン作戦をしようと思っている。

とはいえ、2階の南に面した和室は暑くてたまらない。
そこに寝ていたのだけれど、朝5時頃から暑くて目が覚める。
そこで、「すだれ」をつけることにした。

Blg08237b

Blg08237e

外からはちょっとみっともないが、夏の間だけと割り切った。
これがかなり効果的で、光はさえぎるが風は入る。
すっかり寝苦しくなくなった。もちろんエアコンはない。

今回の猛暑で一番大変な目にあっているのは人間より犬たちで、
テラスの床が暑くて、ぐったりしている。
日陰を探しては移動しているが、浴室のテラス側のドアを開けて
おくと、浴室の床が気持ちよくて寝ている。

そこで、1階テラスにも「よしず」を立てかけた。
もちろん効果抜群。最大の恩恵は犬たちだ。
「よしず」の下はリビングも見渡せるので、人の気配を感じて
安心してそこで転がっている。

Blg08237c

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築家の自邸VOL 77(外構編・パテイオの排水工事)

車庫土間コン打ちと同時に玄関前のパテイオの排水工事
を行なってもらった。
玄関前のパテイオの雨水が思いのほか引けが悪く、
大雨の時に溜まってしまうことが判明した。

通常の雨なら心配ないが、先日の集中豪雨で
足首がつかるくらいになってしまったそうだ。

塀の基礎と建物がつながっているので、
地盤下がコンクリートで囲われていることになる。
大雨だと、浸透するスピードを上回ってしまうわけだ。

こういう事態も想定して、パテイオ内と外部の排水を
結ぶことができるように、基礎にスリーブを入れておいた。

Blg08187a
Blg08187b
Blg08187c

自分でやろうと思って掘り返したが、雨水の排水接続が
複雑で、これは素人ができそうもないと判断して、
急遽、設備やさんにお願いした。
お盆前の忙しいところすいませんでした。

というのも、この排水工事をしないと、パテイオ内と
玄関アプローチの工事に着手できないのだ。
玄関アプローチは望月庭園の「もち」と面白いことを
模索中です。詳細は完成したときに説明します。

数日間、私も実家にいたわけだが、ただ監理していたわけ
ではなく、自分でできる事はやろうと考えていた。
自身の第一弾は道路わきの石垣積みである。

Blg08187d_2

旧家を取り壊した時に、浴室基礎から、大量のゴロタ石が
でてきた。昔は土間コンではなくて、河原の石を敷き詰めて
いたそうだ。今では逆に手に入らない
(河原から拾ってくればいいが、そうもいかない)ので、
捨てないで何かに使おうと取っておいた。

さて、石積みしようとネコで何回かに分けて運ぶ。
炎天下の中では、すぐバテる。休み休み材料を運び、
モルタル(セメントと砂と水を混ぜる)を作って、
積み上げた。

Blg08187e

といっても、すでに工事中に職人が3段積んでいた上に
積んだのだが、ことのほか難しい。
ゴロタ石が丸くてすべるので、崩れないように斜めに積んでいき、
何とか、らしくはなったかな~
一部作るだけでこんなに大変だったとは…

Blg08187f

畑を耕すための道具を購入したが、
とにかく暑くて、どうしょうもない。
もう少し涼しくなってから、土方作業をしたほうがいいな。

Blg08187h_2

まだ、完成には時間がかかりそう!

アートディナー中澤建築設計事務所


建築・リフォームで一番人気のブログは何かな?人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧